Posted by at

2008年08月25日

まもなく・・・・

日中も過ごしやすい季節に移り変わってきましたね。
朝晩は冷えたのか、くしゃみがでます・・・face07

今、ボーテ・ルクールのホームページを作ってます。
自分でなんとかやってますが、まだ途中ということや、独自ドメインも未取得なのですが、
公表しますicon97
自分へのプレッシャーも兼ねて・・・。

ボーテ・ルクールHP

9月にはしっかりとSEO対策も万全に、まもなく出来上がります!!

そして、まもなくの二つ目。
早めのお誕生日会をお友達に開いてもらい感激でした。

 












9月も気を引き締めてお客様に接していきたいです。
よろしくお願いします。  


Posted by ボーテ・ルクール at 20:24Comments(0)

2008年08月19日

これからは、育毛→維持毛へ

ヘッドスパについていろいろ考えてると、
今ある毛髪を減らすことなく維持させていくことが大事なのでは。。。思いました。

なぜかというと、来店されたお客様の毛髪が変わらず維持されてることと、それにもまして、改善傾向に皆様あるからです。

当時より、太さがでて、コシがあるのです。

考えてみると何事も維持することはとっても大切だけど、当たり前のことのようで、でもとても難しいことなのではないでしょうか。



維持スパの特徴
①まずは、脳活性に作用するオイルで頭皮をマッサージ。脳にも毛根にも働きます。
②オゾンで抜気(バッキ)させたトルマリン水で、スチーマーに入ります。(スチーマーとは細かい蒸気で頭を蒸すことです)
③インドのハーブシャンプーをルクールオリジナルブレンドし、頭皮に塗ります。シャンプー入らずです・・・
④3~4日オゾンとトルマリンが入った釜のなかで対流させてできたお水(コーガ水)を使った、シャワースパ。

この4工程は全てルクールオリジナルです。
夏の疲れを是非ルクールのスパでゆっくりされてください^
^完全予約制です☆


料金
維持スパ 90分 7350円 
☆初来店の方は20%オフです☆

組み合わせで、上記価格以外のご案内もしています。お気軽にお問い合わせください!

ラポルテより・・・
  


Posted by ボーテ・ルクール at 08:00Comments(0)

2008年08月18日

維持毛 維持スパ

維持スパ

今の毛を保ち、衰退させたくない。
現状維持しながらもこれからにむけての予防線を張り、頭皮・毛髪の維持をします。

それが、維持スパ。

しかも、毛髪が細い人は太く。
育毛しながら、そして・・・維持毛へ。
  


Posted by ボーテ・ルクール at 23:00Comments(0)

2008年08月06日

ピーリングしてくださーい!

夏の肌で、一番おすすめしたいことは、ピーリングです。
洗う・保湿も大事ですが、
肌の角質を剥がすことで、肌表面がなめらかになって、お化粧水や栄養クリームの浸透がよくなります。
それに、夏が過ぎ、秋になったとき肌の奥からジワジワと浮かび上がってくるメラニン色素がやがてシミになるのですがface08
ピーリングすることによって、そのサイクルを早めて(新陳代謝)早く除去してあげることが大切です。

ピーリング剤も多種多様ありますが、
ボーテ・ルクールからおすすめは、
ゼノアのソフトパック

これを組み合わせたお顔のトリートメントをしていますので、
ぜひお試しください^^

クレンジングからピーリング、保湿パックまでひととおりオールハンド・オールゼノアです。

5250円
初回10%オフ  


Posted by ボーテ・ルクール at 14:23Comments(0)

2008年08月04日

取材でした

今度のラポルテ9月号、
後ろのページの「美の扉」の取材をうけました。

夏の髪・肌のダメージにどんなことに気をつけてどういうケアをしていくといいか・・・という内容でした。

いつもサロンワークでお客様にお伝えしていることをそのまま話しました。
当たり前のことでも、何度も何度も言い続けることで頭の中にその言葉を刷っていく。(というのかな?)
たとえば、シャンプーはよくあわ立てて使ってください・8分(ハチブ)は乾かしてください・よく洗い流してくださいなど。(口調がお笑いの女の人-とりいみゆきさん-みたいになってます。。笑)

特に、シャンプーはケチってケチって使って大丈夫です。
手にいっぱいとって頭につけずに、カルキの入っていないお水でうすめるか、少量を手にとってあわ立ててつかってください。
そして、よくすすいで、8分(はちぶ)乾かす。
その後、やさしくブラッシング。

これを丁寧に続けるだけで、髪は今より美しく維持できると思いますよ^^


  


Posted by ボーテ・ルクール at 20:38Comments(0)